第二種電気工事士試験合格発表~電気工事士免状交付

第二種電気工事士試験 合格発表

コルラインでは電気部品の腐食対策を行っています。そのため「電気の知識もあった方が良い」ということで、「第二種電気工事士試験」を受験しました。
本日は合格発表でした。合否の確認手順を出していきます。

受験番号確認

受験番号をしっかり控えている人はそのまま次をみてください。
取っていない人は「電気技術者試験センター」の受験者MyPageで調べてください。
ログイン後「試験申し込み」をクリック
第二種電気工事士 までスクロールして、「試験会場案内」をクリック
試験会場案内の中に 受験番号 があります。

 

合格者番号検索

「電気技術者センター」のHPを検索すると発表の日なので「合格者番号検索」かトップページを選ぶようになっています。

あとは「合格者検索」をクリックして、検索。
「合格者一覧にあります」=合格 (もっとわかりやすく書いてよ!)
私は無事合格していたみたいです。

受験番号メモしていれば一瞬でできたのに少し時間がかかりました。

あとは通知が来るまで、待ちます。

第二種電気工事士免状交付申請

合格通知のはがきが来ました。
「電気技術センター」 にアクセス と書いてありましたが、「電気工事士 滋賀」で検索。(私の場合は滋賀なので・・)
【電気工事】関係の申請書 というページから「第二種電気工事士免状交付申請(第二種電気工事士試験に合格している場合)」word版をダウンロード
中身を記入! プリントアウト 封筒を準備 ハサミを準備 写真を取りに行く 写真を切る 名前を裏に書く 滋賀県の収入印紙を買いに行く(5,300円) 申請書に貼り付け 合格はがきと一緒に 封筒に入れて簡易書留で送る!
あとは待つだけ。
滋賀県の場合は住民票は不要でした。

免状到着

免状が届きました。
簡易書留で送ってから約10日。
中身は個人情報なのでちょっと出しませんが、こんなペラペラのケースと一緒に送られてきました。
電気工事の作業に従事するときは、この免状を携帯すること。とあるので会社においておかないと。

かかった費用
申し込み費用 9,300円
写真 800円
会場までの交通費 380円
免状交付手数料 5,200円

合計15,680円

問題集学科用2冊 実技用1冊 5,000円くらい?
実技練習の部材 5,000円くらい?
工具セット 10,000円くらい?
それなりの勉強時間と練習時間。