硫化水素対策と換気方法

換気システム

現在は建築基準法により一定量の換気が義務付けられています。建物の換気システムには「1種換気」「2種換気」「3種換気」と種類があります。
「1種換気」は空気の入りと出にファンなどの送風設備を設置するシステム。「2種換気」は入側のみ、「3種換気」は出側のみに設置するシステムを言います。住宅では「1種換気」「3種換気」がほとんどです。
「1種換気」は空気の入と出に送風設備を設置しているため、空気の流れが安定します。ですが、設備が多いため、「2種換気」「3種換気」より高額になります。オフィスビルなどに多いです。
「2種換気」は入側に送風設備を設置しているので、室内が正圧(外より圧力が高い状態)になります。圧力の高い室内の空気は排気口以外にも隙間から外に逃げようとします。そのため、湿気が壁の隙間などに押し込まれ、冬場は結露が起こりやすくなります。
「3種換気」は出側に送風設備を設置しているので、室内は負圧(外より圧力が低い状態)になります。そのため、「2種換気」のような結露の問題もなく、「1種換気」に比べ設置費用も安いので一般住宅に使われる場合が多いです。

硫化水素対策には「2種換気」がおすすめ

先の説明では「2種換気」のデメリットを書きましたが、室内が正圧になるということは外の塵などが入ってこないため、クリーンルールや病院の手術室などは「2種換気」になっている場合が多いです。
硫化水素対策でも同じように「2種換気」がおすすめです。室内を正圧になるようにして、外からの硫化水素ができるだけ入ってこないようにするのが基本です。室内を正圧にした上で内気循環型のエアコンを使い、温度湿度を管理することをお勧めしています。

 

硫化水素で困ったときはご連絡ください。