硫酸塩還元菌と気温

硫酸塩還元菌と気温

排水処理設備、し尿処理設備などでは「硫酸塩還元菌」が有機硫黄化合物分解することで「硫化水素」が発生します。以前、事務所が排水処理設備が近くにあったとき「夏になると、臭いがきつくなるなぁ」と思っていました。暑い=菌が活発に!と思っていましたが、菌には適切な温度で育てる必要があるそうです。硫酸塩還元菌も菌なのだから適切な気温があるのだろう。
調べてみると種類にもよるらしいですが、28~30度くらいだそうです。夏だと活発になるわけではなく、梅雨時期くらいの気温でしょうか??
人よりちょっと暑いところが好きくらいで、扇風機がフル稼働の社内 倉庫(気温 34度)は硫酸塩還元菌にとっては適切な環境ではないようです。
地中は外気より温度が安定していて夏場は温度が低いです。排水処理設備などで地下にある場合はこれからも元気よく「硫酸還元菌」が働く環境かもしれません。

相談は無料ですまずはヒアリングさせていただき、対策が必要が無い場合などはそのようにお伝えしますので、無理に対策を勧める事は致しませんのでご安心下さい。