コルラインは日本全国はもとより海外でもご利用頂いております。

コルラインの導入実績と使用例

コルラインの使用施設と用途例を紹介します。
案件ごとの内容は製作実績でも紹介していますので、そちらもご覧ください。

使用施設都道府県用途
下水処理場
排水処理施設
東京 / 千葉 / 静岡 / 広島 / 北海道 / 滋賀 / 長野 / 茨城 他 流入汚水より発生する下水臭を、脱臭フィルタ-「コルライン」充填の脱臭装置で除去。
高濃度の硫化水素発生場所にも使用され、処理場内の臭気と環境対策に使用。
電子機器腐食対策にも使用。
し尿中継所奈良 / 兵庫県 他し尿中継施設より発生するし尿臭の対策に脱硫・脱臭フィルター「コルライン」を設置し、嫌な臭いを取り除き悪臭公害問題を解決
バキュームカー岐阜バキュ-ム車(し尿)より発生する高濃度(300~6000ppm)硫化水素等を脱硫フィルタ-「コルライン」で除去して住民への臭気対策や作業者の安全管理に活用
総合病院(汚水処理施設)三重病院の汚水処理施設より発生する悪臭・硫化水素の除去対策に脱臭設備としてコルライン充填使用。
排水・汚泥処理等の事業者
(メンテナンス時の仮設)
全国各地排水処理施設・水再生施設・下水処理施設・汚泥処理現場等のメンテナンス時に、作業環境と近隣対策に脱硫・脱臭の仮設装置として「コルライン」が活躍。
フィルターにガスを通すだけの簡単設置。
金属製品加工工場(水処理施設)大阪水処理施設より発生する臭気を除去するために、処理施設上部にガスを吸引するファン付脱臭装置を取付て周辺に漂う悪臭を除去。
薬品製造工場(汚水処理設備)福島 / 茨城 / 東京工場内汚水処理設備から発生する悪臭と硫化水素の除去に、排気口にコルラインを取付け無臭化対策に活用。
工場の化学処理施設(排水処理設備)福島 / 茨城 / 愛知 / 山口 / 広島 他工場の化学施設や排水処理設備及び排水ピット等から発生する硫化水素や臭気除去に利用。
自動車部品製造工場(排水処理設備)富山製造施設・排水処理設備から発生する硫化水素や臭気除去用に使用。
化学工場(排気設備)茨城 / 兵庫工場排気設備で発生し排出する硫化水素等の臭気ガスの除去に使用
工場の排気処理(製造設備)静岡 愛知 岐阜 滋賀 香川 青森 他 生産工程で発生する硫化水素や臭気を吸引し、コルラインを充填した脱硫・脱臭装置で無害・無臭化して大気放出
食品工場(製造設備)神奈川食品製造の過程(設備)で発生する硫化水素や臭気を脱硫・脱臭フィルタ-「コルライン」による除去で排気して公害防止対策に利用。
製紙
工場(電気室)
滋賀電気室の設備腐食対策で循環型「コルライン」で設備の長寿命化。
繊維工場(電気室他)愛知 愛媛工場の化学処理施設等で発生する硫化水素を、脱硫・脱臭フィルタ-「コルライン」で浄化排気し、公害対策や金属腐食防止に利用。
エネルギー関連会社岡山バイオガス処理で発生する硫化水素を「コルライン」で除去。
バイオガスプラント宮城 / 鹿児島 / 静岡 / 熊本バイオガスプラントの生物脱硫装置より排出される硫化水素の除去
石油関連製品の製造工場滋賀精密機器・電気制御盤等が工場内の空気中に含まれる硫黄物質でトラブルが頻繁に発生するため空気循環装置(エアコン)のダクト排気口に硫化水素除去フィルターコルラインを取付け機器のトラブルを防ぐのに使用。
製油所(メンテナンス時の仮設)神奈川定期的に行われるタンク清掃などで発生する硫化水素を、仮設装置として簡単に使用できる「コルライン」で脱硫し、作業者の安全確保と近隣対策に活用されています。
家電製品工場の研究施設滋賀研究施設(室)で発生する悪臭を簡易脱臭装置「コルライン充填」で吸引により 無臭化して外気放出
病院細胞検査機関京都検査時に用いる薬液臭の除去に「コルライン」脱臭装置で臭気を吸引し無臭化して屋外に排気。
大学や企業の研究室長野 新潟 滋賀 大阪実験で使用するガス及び薬液より発生する悪臭物質の除去に小型脱臭硫化水素除去装置で処理し外気放出。
研究施設神奈川研究所内の有害ガス除去用に小型硫化水素除去器を使用
ごみ埋め立て処分場滋賀 山形 島根廃棄物を埋め立てた地中からの排気管に直接コルラインを取付けて硫化水素と臭気を除去し環境対策に使用。
ごみ処理場排水処理施設滋賀ゴミ処理場の汚水処理施設より発生する悪臭を、脱臭フィルタ-「コルライン除去
廃棄食品処理工場岐阜バイオ処理施設から発生する臭気をコルライン充填の脱臭プラントで処理。
廃棄物処理場北海道 / 福井 / 石川 / 宮城 / 富山 他廃棄物処理場内の浸出水処理設備から発生する硫化水素等の悪臭除去に脱硫・脱臭装置を環境と臭気の対策に設置。
腐敗物処理施設京都屋内の不快臭が外部に放出される時の対策として、脱臭フィルタ-「コルライン」で近隣の環境配慮
生ごみ処理機東京 / 佐賀業務用生ゴミ処理機の排気処理臭の除去に脱臭フィルタ-「コルライン」を活用。
養護施設東京高齢者養護施設の排気設備に脱臭フィルターを取付て周辺の臭気対策に使用。
マンション広島 他ディスポーザーシステムの脱臭対策に「コルライン」を活用。
テナントビル東京 他汚泥槽等からの臭気を「コルライン」による除去で、近隣対策とビル内の脱臭に活用。
通信中継基地北海道機器の腐食防止に「コルライン」で大気に含む硫化水素を除去し、クリーンなエアーを機器室内に送風して精密機器の保護に使用。
温泉宿泊施設神奈川硫黄泉による機器の腐食対策にコルラインを導入。
警察・消防関係東京 大阪硫化水素事故等の発生時に、小型簡易脱硫器で緊急対策用に使用。
地熱発電所秋田 / 岩手空気圧縮機に大気中の硫化水素を浄化して供給
火力発電所長崎排水処理施設の嫌気処理に活用。

新聞・雑誌への掲載

脱硫・脱臭フィルターコルラインは、(有)フジタ商会が製造販売していた製品の商品名とノウハウを岡本電気(株)が引継ぎ、改良を加えた製品です。
開発当初、様々な新聞・雑誌に取り上げられました。

毎日新聞脱硫・脱臭フィルターコルライン 使用例
日本経済新聞日経ベンチャ-企業年鑑 2004年版2003年版2002年版2001年版2000年版(有)フジタ商会 掲載
(2004年1月22日発行 ベンチャ-の時代を担う2320社収録)
日刊工業新聞
吸着性能が3倍・脱硫脱臭フィルタ-コスト削減 フジタ商会
【滋賀】フジタ商会は相当過酷な条件下でも使用ができ吸着性能が大幅アップする脱硫.脱臭フイルタ-を開発した。
ペレット状の従来品に比べて、硫化水素吸 着性能が3倍以上になり、また活性炭と比較しても温度.湿度などの影響をうけにくく、使用条件の制約が少ないとしている。
同フィルタ-はポリエステルをベ -スに処理ガスと吸着成分の接触面積が広くなるよう製法を独自に開発し、高い吸着性能を実現したもの。使用条件に左右されず、性能低下をきたすことが少なくて脱硫・脱臭することができるのが最大の特徴。
設備装置やメンテナンス関連にも費用があまりかからず充填取出しが簡単なことから、同社の積算によると20~30%以上のコストダウンが図れる。
今後サンプル出荷を踏まえ本格生産に乗り出す方針。
日刊工業新聞脱臭装置発売 記事(脱臭装置発売とフィルタ-)
日刊工業新聞悪臭除去対策に効果
脱硫・脱臭フィルタ-「コルライン」で対応 フジタ商会
フジタ商会では、幅広い悪臭除去対策に効果を発揮する脱硫、脱臭フィルタ-「コルライン」を開発拡販に乗り出した。
同フィルタ-は樹脂基材に脱臭、脱硫剤 を添着しハニカム化した製品で、各種ガス中の悪臭成分や硫化水素を常温で除去する。
小規模(ポイント脱臭・脱硫)から幅広く使用でき、取扱いが簡便で過酷 な条件にも対応し、特に硫化水素は、高吸着性能で低濃度から高濃度まで除去でき、温度110℃以下、湿度98%まで使用可能である。
また、フレキブルな カッテングが容易なため、円柱状に巻いた丸型や、裁断し重ねた角型での採用ができ、脱臭塔の設置が困難なケ-スなど配管ダクト内への装填使用が可能。
現在同製品は、企業の製造設備、化学・廃水処理施設をはじめ、下水・汚水処理施設、し尿処理場・中継処理場、ゴミ処理場、生ごみ処理機、簡易トイレの脱臭 や脱硫、繊維工場での脱硫目的などで採用され高い評価を得ている。
また応急処理として硫化水素発生源の上に直接置き脱硫することも可能。
同製品の詳細は、 同社ホ-ムペ-ジにて掲載。
日本工業新聞
悪臭除去対策に効果 ブロック状脱臭フィルタ-開発
硫化水素吸着性能は従来品の4.85倍
環境関連分野の触媒メ-カ-であるフジタ商会は硫化水素の吸着性能が従来品の3~4.85倍と高い脱硫・脱臭フィルタ-を開発した。
有害ガスを吸着する物 質を繊維素材に添着したブロック状の製品で、メンテナンスが難しいなどといったこれまでの他の処理方式の問題点をクリアしている。
とくに、従来は設置が難 しかった場所にも簡単に取り付けられるため、下水、し尿、ごみ処理場や各種工場、バキュ-ム車などの脱臭向けに売り込む。

下水、ごみ処理向けに照準

開発した脱硫・脱臭フィルタ-「コルラインSC-G-08」=写真=は有害ガスを吸着する物質をポリエステル繊維に添着し、ガスと触媒との面積を最大限に するために波状の形にした。従来品の粒剤・ペレットに比べ3~4.85倍の硫化水素吸着性能を確認している。
硫化物だけでなく、排ガスなどに含まれるアンモニア、メチルメルカプタンなど悪臭物質を除去する。
悪臭の除去性能はガスに共存する物質によって異なるが、下水処理場やし尿処理場などで実地試験し、い ずれも好結果を得ている。最高110℃の熱に耐えるほか、耐圧、耐水性などの使用条件も粒状・ペレット状のタイプに比べ優れており、ブロック形状なので装 置に充てんしたり取出したりのメンテナンス容易だという。装置の形状は円筒でも直方体でも対応できる。
価格は10リットルあたり1万円を目安にしているが、家庭用の生ごみ処理機から大型プラントまで用途が多様なため、受注案件ごとに商談ベ-スで決定することになるという。
製造技術については特許を申請中だ。
同社は悪臭防止除去用触媒の製造販売を目的に、1992年設立したベンチャ-企業で、中小企業創造的事業活動促進法(創造法)の認定を受けている。
同フィルターの開発に当たっては、滋賀県工業技術センタ-、滋賀県信楽窯業試験場、竜谷大学理工学部などの技術指導や実地試験協力を得た。
環境新聞脱硫・脱臭フィルタ-本格販売 記事
環境新聞

脱臭・脱硫フィルタ- 硫化水素を高吸着

研究開発型ベンチャ-のフジタ商会は、同社主力の脱臭・脱硫フィルタ-「コルライン」(写真)の拡販に向け、提案型営業を強化する。
新規分野での採用事例 増加に対応したもので、新たにHPを開設。
効率的な生産体制を構築し、多用途需要の開拓を目指す。
コルラインは、樹脂機材に脱硫剤などを添着しハニカム化した独自開発製品で、95年から発売している。
特に硫化水素の吸着性能に優れており、従来のペレット状成形脱硫剤とくらべ圧力損失が三分の一しかない。
このため配管ダクト中や発生源上への直接設置も可能で、充てん・取出しの容易性に加え、温度や湿度、 使用条件の制約を受けず広範囲に使えるのが特徴。
これまで下水・し尿処理場やバキュ-ムカ-の排気脱臭などで実績を伸ばしてきたが、近年埋め立て処分場や生ごみ処理装置メ-カ-、アスファルト工場、食品 加工工場などから引き合いが増加。多用途での需要拡大を見込み本格的に対応することにした。これに合わせHP活動も強化。
近く増産体制を整え、前年度比売 上倍増を目指す考え。